スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメマスターin高松

2009年03月09日 12:31

20090309123105

高松入り。さっそく讃岐うどん。
アジフライとお揚げを付けて、美味しく頂きました。

ここの店先の暖簾にもあった「農林大臣賞受賞」の文句。
たまに見かけたりして、こちらも一応「お~っ!受賞!」とかリアクションするけど、いまいち謎なんだよなあ。
でも美味しかったのでつべこべ言いません。

ワタシは学生時代及びその後数年間、高田馬場のカレー&コーヒー&夜は飲み屋でバイトをしていた。
その店でお金が無くともご飯食べさせてもらったりお酒飲ませてもらったりは数知れず。
もうその店に住んでいた、と言ってよい時期もありました。
あぁ懐かしい、青春の日々。
いわゆる自称ミュージシャンでしかなかったワタシの暗く、しかしなんだか楽しい時代をサポートしてくれたマスター(通称ダメマスター)が現在高松在住。
昨夜再会。

数々の伝説を残したその酔っ払いぷり前後不覚っぷり暴走っぷりは相変わらず健在。懐かしい。
やはりあの店は、ダメマスターの人柄があってこその店だったのだなぁと。
一緒に飲みに付き合ってくれたバンドのメンバーは結構引いていた、な。

「街に音楽を!」がダメマスターの口癖で、客より先に酔っ払っては、自分の好きなレコード(サンバ、ロシア民謡、シャンソン、マンボ)を大音量で流してピアニカを弾いたり歌ったり踊ったり、なんて事がしょっちゅうありました。

「高松にはそういう店が無いんです。」、と自転車にスピーカーを縛り付け、カゴにはギターとピアニカとタンバリンを入れて走ってた。
「いつかまた東京でああいう店をやりたい。僕にはそれしかできません。」
とダメマスターは言ってました。
「そしたら、またお前バイトやれー。」と。そりゃ手伝いますとも。
それまで、飲み過ぎず体調崩さずどうかお元気で!
20090309123102
20090309123100.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。