スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSIC ON THE BEACH

2008年12月15日 23:13

キマグレンTOUR2008 [MUSIC ON THE BEACH]始まる。
昨夜は福岡。
今回はホーンセクションも入った編成。しかしホーンが入ると無条件に盛り上がりますね。
血が騒ぐといいますか。やっていてホント楽しい。いいねいいね。
曲単位でも細かいところで前回のツアーで積み重ねてきた事がちょっとずつアレンジされてるし、
ひとつのショウとしては全くの別物。
初日の昨日は頭フル回転で内心てんやわんや。次はコンガかスティックか!?いや、シェイカーなのか!?

で、本日は福岡から大阪まで8時間のバス移動。

ボーっと外を眺めてて今更ながら思ったのですが、『電線』ってすごい。
アレはいったいどうやって渡してるんです?
街中にある電柱とか電線でなくて、山の頂上に立った鉄塔から鉄塔へと渡してある長~い太~い高圧電線のこと。
でっかい糸巻きみたいなのに巻いたものすごく重たい電線の束を20人くらいで担いでグルグル延ばしながら深~い森を掻き分け谷を下り河を渡ってまた斜面をよじ登り・・・ってやってるのですか?
鉄塔の上にロケット砲を備え付けて、電線付きのロケットをドーンと発射して向こうの鉄塔のてっぺんに上手いことクルクルクル~ってしてるんですか?
巨大クレーンを何台か配置して電線をパスしていくのかとも考えましたが、うっそうとした山森の奥深くにそんな巨大なクレーンを持って行くこともできないだろうし。
あぁ考えれば考えるほど謎は深まるばかり。悩ましい!だれか教えて。人間ってすごい!
・・・て考えてるワタシ、8時間ほんとヒマだった!

そら



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。