スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ数日の

2008年12月04日 00:03

発見、出来事をっつ。


 所を散歩していた時に見つけたカラスが、電線の上から何かを落としていた。
なんじゃ?と思って暫く観察していたのだが、
そいつはなんと、クルミのような大きな木の実を地面に叩き付け、中身を取り出そうとしていたのだった。3回目くらいで成功していた。カラスって賢い!

 ある田舎の田園地帯をドライブしていたら、町内放送でお昼の時報が流れた。
ちょいとシャレたムード歌謡オルゴールヴァージョン、といった風情。
この曲が聞こえて来たら、近所の人たちはきっと「まぁもうお昼!お昼にしなきゃ、オヒルオヒル・・・」とか言ってオヒルご飯を食べるんだろうなぁ、なんて思っていた・・・ら。
途中からなんだか急にスピーカーから出る音が激しく割れてきたと思うや、徐々に音程が狂い始め旋律はワケのわからない方向に。ハーモーニーもメタメタになり、もうそれは狂気の産物。
もはやこの世の行く末にあるのは破滅のみであって、決してオヒルどころではない!
という感じになったものだから思わずハンドル操作を誤り畑に突っ込みそうになった。
危ないではないか。あかんではないか。
町民の皆さん、毎日これで平気なのでしょうか!大丈夫ですか!

 れない。あかんではないか。
00077.gif

 11/30、Hands of Creationのイベントに来てくれた皆さん、ありがとうございました。
今回はなんといっても曽我大穂さんに出演・共演してもらえた事が嬉しかった!
5年くらい前にダイホさんがウチに泊まりにきて一緒に飲んだ時、いろんな話をした。
音楽の事、沖縄の事、世界の事などを。
話をした、というより話を聴いていたという方が正確だ。物事に対しての見方、考えの深さ、スケールが全然違った。かなり刺激を受けた。
その後、何度かCINEMA dub MONKSのライブに行っても、ダイホさんの出す音からはいろ~んな景色が見える。優しい。あたたかい。とにかく「この人はすげー。でっかい人だ。」と尊敬していたのである。

いつか演奏を一緒に出来るようになりたい、とも思っていた。

そうして5年たっての、こないだの日曜。嬉しいよそりゃあ。
けど、やはりダイホさんの見えてる風景は自分のよりだいぶ遠くの先の方を行っていて、自分はまだまだである、と思い知る。そしてやはり、痺れた。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。